HOME » ユーグレナの基礎知識 » ユーグレナで食料問題が解決!?

ユーグレナで食料問題が解決!?

Content

ユーグレナ(ミドリムシ)にはどんな可能性があるの?

「食料不足」と「地球温暖化」「エネルギー問題」も解決できる!?

2005年に大量培養に成功したことで、にわかに脚光をあびたユーグレナ(ミドリムシ)。でも、ミドリムシが増えることでどんな可能性があるんでしょうか?

ユーグレナには大きく分けて3つの可能性があります。
  1. 食べ物 … 飢餓や「食糧問題」を解決する栄養補助食品としての可能性。
  2. 温暖化対策 … CO2を吸収する熱帯雨林の代わりとしての可能性。
  3. バイオ燃料 … 石油に代わる代替エネルギーを作り出せる可能性。

日本の企業が世界で初めて大量培養に成功したことで、これらの21世紀の大問題を解決できるかも知れないと期待が集まっています。
ここでは「食べ物」としてのユーグレナを特集していきますね。

ユーグレナの栄養素は「食べ物」として理想的です。

ユーグレナは途上国の飢餓問題、特に栄養失調を解決する処方箋になるかも知れないと期待されています。
ビタミンB群、ビタミンEをはじめ59種類の栄養素を大量に含んでいるので、栄養バランスはバッチリ。特に摂りにくい亜鉛は75mg/100gとクロレラの約77倍も含まれています。
動物と植物の2つの栄養素を持っているため、必須アミノ酸やDHA、EPA、リノレン酸などの不飽和脂肪酸群もユーグレナ1つで十分摂ることができます。

「栄養素が豊富な食べ物の中でも特にスゴイの?」

たしかに栄養素が豊富な食べ物はたくさんあります。同じ藻の仲間のクロレラも人気がありますよね。でも、ユーグレナの凄さは栄養バランスだけじゃないんです。
どこででも効率的に生産できたり、過酷な環境下でも増えるので、発展途上国の飢餓問題を解決する秘策として注目されています。
またメタボやダイエットにも効果的という面があります。

サプリメントから飼料まで捨てるところがないエコ食品

ユーグレナの凄さは、人間が食べるサプリメントやバイオ燃料を作った後の残り滓ですら、有効活用できること。まったくムダがないんです。
たとえばバイオ燃料の原料としてユーグレナを大量に作ったとします。
すると問題になるのは油脂分を抽出した後の残り滓ですよね。
これを大量廃棄→埋め立て、垂れ流しでは、お金ばかりかかり地球に優しくありません。きちんと処理すれば経費がかかり、商品も割高になってしまいます。

残りかすでも養殖魚や豚や鶏が元気いっぱいに!

ところがユーグレナがスゴイのは、このサプリメントやバイオ燃料を作った残り滓でさえ有効活用できること。たとえば油をとった残り滓には良質のタンパク質やビタミン、DHAなどの栄養素が含まれています。
これを養殖魚への飼料として与えてみたところ、生存率が上がり、活力も向上。明らかに良い結果が出ました。
また家畜の飼料として残り滓をニワトリに与えてみたところ、栄養素のタウリンが増加しています。タウリン高含有鶏肉は、ベビーフードや生活習慣病予防のための食べ物としても期待されているんです。

ムダのないエコロジーな循環型リサイクルが考えられています。

こんなふうにユーグレナは二次利用、三次利用も考えられた理想的な食べ物。
ユーグレナが捨てるところがない理想のエコ食品であることがわかってもらえましたか?
次は未来のバイオ燃料としての可能性に注目します!

  • 基礎知識
  • ユーグレナ生活のススメ
  • 体験レポート
  • 商品の選び方

全13商品中 第1位を獲得!

1位
このページの上部へ

本サイトは、管理人が自らの目と足を頼りに集めた情報を掲載しています。

本サイトにおける画像・文章の無断転載・使用はご遠慮下さい。使用を希望される方はお問い合わせください。

Copyright (c) 2020-08-04 www.midorimidori.net All Rights Reserved.