HOME » ユーグレナ生活のすすめ「効果を調査」 » クロレラよりも凄いんです。

クロレラよりも凄いんです。

Content

ユーグレナの栄養素はクロレラ以上です。

サプリメントの原料として人気のクロレラ

葉緑素を持ち光合成を行う微生物として、「ユーグレナ」(みどりむし)以上に有名なのが「クロレラ」です。

栄養素がたっぷりなので、サプリメントの素材として昔から人気があります。この2つの微生物の違いについてレポートします。

クロレラはユーグレナと同じ「藻」の仲間です。

まず、クロレラとは何かということですが、クロレラは細胞内に葉緑素(クロロフィル)を持ち、光合成をして栄養を得ている「藻」の一種です。

ユーグレナも「藻」の仲間ですから、その意味では同じですね。でも大きさがぜんぜん違います。

「クロレラとユーグレナで何が違うの?」

大きさは数千倍。栄養素の数もバランスもユーグレナが上。

クロレラは直径2~10μmしかない丸い形をした植物プランクトンです。それに対して、ユーグレナは長さ30μm~100μm、幅10μmもあります。

長さで言うと数倍から数十倍、体積で言うと約3000倍もの違いがあります。栄養素の数もぜんぜん違います。

ユーグレナは“みどりむし”だから動物性の栄養素も持っている。

何よりクロレラは完全に植物の仲間(植物プランクトン)なので、ユーグレナ(みどりむし)のように動き回ることはありません。

クロレラは動物からしか摂れない不飽和脂肪酸(DHAやEPA)のような栄養素を持っていません。そのため動物性と植物性の栄養素をバランス良く持っているユーグレナには、バランスでも数量でもかなわないのです。

クロレラとユーグレナの栄養素比較
  • DHA/EPA … ユーグレナにあってクロレラにない栄養素。頭に良いと言われる。
  • ビタミンB2 … ユーグレナが約1.3倍
  • ビタミンE … ユーグレナが約4倍。
  • 亜鉛 … ユーグレナが約80倍。
  • アミノ酸 … ユーグレナのアミノ酸スコアは83。クロレラが54.スピルリナ51。

クロレラは植物なので消化吸収率も悪いんです。

ユーグレナは動物なのでグングン消化・吸収されます。

クロレラとユーグレナの決定的な違いは、栄養素のバランスだけではありません。

クロレラは植物プランクトンなので、植物だけがもっている固い「壁」で細胞がおおわれています。

野菜を消化するときに栄養素を吸収しにくいのは、この「細胞壁」が邪魔をするからです。その消化吸収率は平均で40~50%と言われています。

消化吸収率は93.1%!豊富な栄養素がほぼ全て吸収できます。

しかしユーグレナは「みどりむし」と言われるだけあって、この「細胞壁」を持っていません。あくまで「膜」で細胞を包んでいるだけです。そのため人間がスムーズに細胞の中の栄養素を吸収できるのです。

こうして見ていくと、ユーグレナが天然のサプリメントとしていかにスゴイかがわかります。

もちろんクロレラの栄養素も素材としては素晴らしいんですけど、「天然のサプリメントであるユーグレナにはさすがのクロレラもかなわない」ってことです。これからも天然サプリのユーグレナに要注目です。

  • 基礎知識
  • ユーグレナ生活のススメ
  • 体験レポート
  • 商品の選び方

全13商品中 第1位を獲得!

1位
このページの上部へ

本サイトは、管理人が自らの目と足を頼りに集めた情報を掲載しています。

本サイトにおける画像・文章の無断転載・使用はご遠慮下さい。使用を希望される方はお問い合わせください。

Copyright (c) 2020-08-04 www.midorimidori.net All Rights Reserved.